ニコンカメラの歴史


カメラのメーカーでも知られるニコンは、日本の光学機器メーカーであり、レンズを主力としたカメラをはじめ、双眼鏡や望遠鏡または顕微鏡やメガネ、光学関連機器の開発から販売を行う日本で有数の大企業といえるでしょう。また、測量や測定、光学素材やソフトウエアなどの取り扱いも行っており、ニコン株式会社は三菱グループに属し、同グループの会員企業とされています。

カメラニコンの前身は、日本光学工業株式会社であり、三菱財閥の創始者である岩崎弥三郎氏から数え、4代目総帥となった岩崎小弥太の個人出資で設立されました。設立当初は、光学兵器製造の目的で造られ、光学製品であるレンズを使い、狙撃銃や双眼鏡を製造していましたが、戦後は従来までのノウハウを生かし、カメラやメガネの製造販売を行うようになりました。戦後直後の1946年、この年販売されたカメラが35mmカメラニコンで、うちにブランド名となり社名となっていったのです

ニコン株式会社は、世界のカメラ業界でも認知される存在となり、1957年当初に販売されたニコンSPは、ライカM3と同様名機としてその存在を知られるようになりました。特に、一眼レフの世界では現在でも不動の人気で、スペースシャトルのカメラにも使われたことから、現在でも安定した人気を誇っています。ニコンは、設立当初の日本光学工業のニッコーに由来するもので、カメラを中心とした映像事業が、全体売り上げの6割を占めるといわれています。


・・・ニコンカメラの特徴